社労士とは?仕事内容と目的を簡単に説明します。

社会保険労務士とは?

社会保険労務士とは

社会保険労務士は厚生労働省の国家資格です。
労働・社会保険、人事・労務管理の専門家として、
企業経営の3要素(ヒト・モノ・カネ)のうち、
採用から退職までの労働・社会保険に関する諸問題、
さらに年金の相談に応じる、人の専門家です。

社会保険労務士の仕事

仕事内容

社会保険労務士は、その名前の通り労災保険、健康保険、雇用保険、年金の専門家です。
子供の誕生や老後の年金まで人の一生を支えます。
主な仕事内容は以下のようになります。

  • 労働社会保険の手続き(入社から退職までの手続き)
  • 人事労務管理
  • 年金等の相談

「ヒトを大切にする経営」を実現するため、
職場のトラブルを未然に防止し
労働者の皆さんが「いきいきと職場で働く」ことのできる環境づくりの支援として、
就業規則の作成・見直しや、賃金制度に関するアドバイスなど、
それぞれの職場にあった、きめ細やかなアドバイスをしております。

4月は社会保険労務士の試験の申込受付が始まる時期です。
社労士の仕事に興味があるが、よく分からない方は
動画をぜひご覧ください。

社労士が解決いたします

お問合せ
労務サポートでは 社会保険の手続きだけでなく、
給与計算、人事制度・従業規則、助成金など幅広い相談を受付ております。
開業して15年以上の経験豊富な社労士が応じますので、安心です。
ぜひお問合せください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

16 − thirteen =