助成金を申請するメリット

返済不要!

返済不要で、用途も自由です。

社会的信用を得られる

厳しい助成金の申請条件をクリアできます。

優秀な人材の確保

会社を差別化できます。

助成金申請のための10のポイント

  • 会社が雇用保険に加入していること
  • 労働保険料が2年を超えて滞納がないこと
  • 会社都合での社員の解雇がないこと
  • 申請するために計画の認定が必要になる場合があります。
  • 労働者名簿、賃金台帳、就業規則が整備されている必要があります。
  • 役員は労働者ではないので、支給対象外です。
  • 助成金の内容は社会情勢に左右されます。
  • 助成金の支給はゼロか、100です。(支給なしか、全額支給か)
  • 助成金の申請を1日でも過ぎると申請できません。
  • 社労士を活用することが申請への近道です。

助成金を申請することは大きなメリットがありますが、申請条件のクリアのための就業規則や制度を整えることは会社にとって大きな負担となり、ハードルは高めです。加えて書類は複雑で、人事・労務の知識が問われるため、専門家である社労士を活用したほうが支給への近道になります。

助成金無料診断

案内している女性

労務サポートではどのような助成金が受給できる可能性があるかを無料で診断いたします。
現在、新型コロナウイルスの影響で雇用調整助成金の特例拡大が発表されております。売上が減少し、雇用調整助成金を検討されております事業者はぜひご活用ください。労務サポートが申請を支援いたします。

厚生労働省

お気軽にお問い合わせください。052-413-2272受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせ