労災の認め方とは?【知っトク労働法⑤】

労災、どう認定される?

労働災害が発生したら、たとえ会社に過失がなくても補償を負う義務があります。
労災の認定は労働基準監督署が判断します。
その際、業務遂行性と業務起因性の2つの基準が重要になります。

業務遂行性

労働契約に基づいて、会社から指示を受けて仕事をすることです。

業務起因性

仕事とケガに因果関係があること
つまり仕事が原因でケガを負ったことです。

動画で解説していますので、ぜひご覧ください。

労災隠しをするとどうなる?

労災が発生した際に、企業が判断を誤ったり、様々な理由で労災として申請しない場合、
労災隠しとなる場合があります。
労災隠しとなった場合、50万円以下の罰金となるケースもあります。
判断に迷った際は放置せず、労働基準監督署や、社会保険労務士にご相談ください。

社労士が解決いたします

お問合せ
労務サポートでは 社会保険の手続きだけでなく、
給与計算、人事制度・従業規則、助成金など幅広い相談を受付ております。
開業して15年以上の経験豊富な社労士が応じますので、安心です。
ぜひお問合せください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

4 × four =