ハイヤー・タクシーの労働時間改善基準告示について

厚生労働省は
ハイヤー・タクシー運転手の労働時間改善基準告示を見直す報告案をまとめました。

拘束時間は
1カ月 「299時間を超えない」 →「288時間を超えない」
1日 日勤で最大「16時間」→ 「15時間」かつ「14時間を超える回数をできるだけ少なくする」
(目安は1週3回以内)としました。

勤務終了後の休息時間は
「継続8時間以上」→「継続11時間以上を基本」「9時間を下回らない」としています。

https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_24375.html

基準の在り方について(報告案)
https://www.mhlw.go.jp/content/11601000/000915733.pdf

改善基準告示の見直しの方向性について(ハイヤー・タクシー)
https://www.mhlw.go.jp/content/11601000/000915734.pdf

社労士が解決いたします

お問合せ
労務サポートでは 社会保険の手続きだけでなく、
給与計算、人事制度・従業規則、助成金など幅広い相談を受付ております。
開業して15年以上の経験豊富な社労士が応じますので、安心です。
ぜひお問合せください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

19 + sixteen =