ダイバーシティ経営のポイントとは?

ダイバーシティとは

ダイバーシティ経営とは、女性や外国人、高齢者など多様な人材の確保に向けて取り組み、
企業の価値を高める取り組みのことです。

少子高齢化やグローバル化による競争の激化、産業構造の変化で、人材確保は苦しい状況です。
誰もが働きやすい環境を整えることで、人手不足の解消につながります。

3拍子がダイバーシティの鍵

多様な人材を確保するためには、
経営者の取組、人事評価制度の整備、現場管理職の取組の3拍子が揃っていることが大切です。
3拍子が揃った企業の方が経営状況がうまくいっていると答えた企業の割合は多くなっております。

経済産業省は自社の状況を把握するためのツールとして「ダイバーシティ経営診断ツール」を提供しております。
労務サポートでも貴社のダイバーシティ経営をサポートいたしますので、ご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

1 × three =