公益通報者保護法(令和4年6月施行)の改正

公益通報者保護法は
労働者が、公益のために通報を行ったことを理由として
解雇等の不利益な取扱いを受けることのないよう

どこへ、どのような内容の通報を行えば保護されるのか
という制度的なルールを明確にするものです。

この公益通報者保護法が改正され
企業の体制整備の義務化(規模によっては努力義務)
などが実施されます。

この改正は、令和4年6月1日から施行で
その周知のため
消費者庁から解説動画が公表されています。

https://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_partnerships/whisleblower_protection_system/overview/movie

社労士が解決いたします

お問合せ
労務サポートでは 社会保険の手続きだけでなく、
給与計算、人事制度・従業規則、助成金など幅広い相談を受付ております。
開業して15年以上の経験豊富な社労士が応じますので、安心です。
ぜひお問合せください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

5 × one =