コロナによる労働時間の減少で離職は特定理由離職者に

厚生労働省は
新型コロナの影響で事業所が休業し
1カ月以上にわたり労働時間が週20時間を下回ったことで離職した場合

2022年5月1日から
雇用保険求職者給付の給付制限がない「特定理由離職者」とすると公表しました。

シフト制労働者については
新型コロナの影響によるシフト減少で
上記と同様に労働時間が減少したことを理由として離職した場合
「特定理由離職者」となります。
(2022年3月31日以降の離職が対象)

https://www.mhlw.go.jp/content/11600000/000931287.pdf

社労士が解決いたします

お問合せ
労務サポートでは 社会保険の手続きだけでなく、
給与計算、人事制度・従業規則、助成金など幅広い相談を受付ております。
開業して15年以上の経験豊富な社労士が応じますので、安心です。
ぜひお問合せください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

1 × one =