令和4年10月施行の労働者協同組合法について

令和4年10月に施行される労働者協同組合法について
法制化される労働者協同組合とは
組合員が出資し組合員の意見を反映して組合の事業が行われ
組合員自らが事業に従事することを基本とする組織です。

労働者協同組合は組合員を労働者として保護するため
労働契約を締結します。

個々の実態に応じて判断されますが
労働関係法令や社会保険も適用されます。

社労士が解決いたします

お問合せ
労務サポートでは 社会保険の手続きだけでなく、
給与計算、人事制度・従業規則、助成金など幅広い相談を受付ております。
開業して15年以上の経験豊富な社労士が応じますので、安心です。
ぜひお問合せください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

one + 2 =