自動車運転者の労働時間等の改善のための基準の改正

厚生労働省は25年ぶりにトラック運転手らの労働基準を定めた告示
「自動車運転者の労働時間等の改善のための基準」の改正を公布し
タクシー・ハイヤー、トラック、バスの
運転業務別のリーフレット等を公表しました。

改正後の改善基準告示は
自動車運転業務の時間外労働に年960時間(月平均80時間)の上限規制が設けられる
2024年4月1日から適用されます。

新基準では拘束時間の限度を原則1か月284時間(最大310時間まで)としています。
これは、月80時間の時間外労働を行った場合の拘束時間(労働時間と休憩時間の合計)に、
月1回の休日労働を加味して決められています。
また、284時間を超える月が3か月を超えて連続しないようにすべきとされました。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/gyosyu/roudoujouken05/index.html

タクシー・ハイヤー
https://www.mhlw.go.jp/content/001028564.pdf

トラック
https://www.mhlw.go.jp/content/001028565.pdf

バス
https://www.mhlw.go.jp/content/001028566.pdf

自動車運転者の労働時間等の改善のための基準
https://www.mhlw.go.jp/content/001028570.pdf

社労士が解決いたします

goto
労務サポートでは 社会保険の手続きだけでなく、
給与計算、人事制度・従業規則、助成金など幅広い相談を受付ております。
開業して15年以上の経験豊富な社労士が応じますので、安心です。
ぜひお問合せください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です