職場における学び・学び直し促進ガイドライン

企業・労働者を取り巻く環境が急速かつ広範に変化し
労働者の職業人生の長期化も同時に進行する中で
労働者の学び・学び直しの必要性が益々高まっています。

企業・労働者を取り巻く環境が変化する時代では、
労働者の「自律的・主体的・継続的な学び・学び直し」が重要であり、
「労使の協働」が必要となることから

厚生労働省は
「職場における学び・学び直し促進ガイドライン」を公表しました。

職場における人材開発(「人への投資」)の抜本的な強化を図るため
基本的な考え方や、労使が取り組むべき事項、公的な支援策等を体系的に示しています。

https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/newpage_26443.html
ガイドライン

https://www.mhlw.go.jp/content/11801000/000957888.pdf
ガイドライン概要

https://www.mhlw.go.jp/content/11801000/000957890.pdf
ガイドライン別冊

社労士が解決いたします

お問合せ
労務サポートでは 社会保険の手続きだけでなく、
給与計算、人事制度・従業規則、助成金など幅広い相談を受付ております。
開業して15年以上の経験豊富な社労士が応じますので、安心です。
ぜひお問合せください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

6 + fourteen =