新型コロナに社員が感染したときの対応法

新型コロナの感染者が1万人を超え、いつどこで感染してもおかしくない状況が続いております。
今回は新型コロナに社員が感染したときの対処法を説明します。

社員が感染したら確認すること

社員が感染しましたら感染可能期間に出勤していたかどうか確認しましょう。
感染可能期間とは以下の場合です。

社員に症状がある場合症状が発生してから2日前から
無症状の場合検査を受けた日から2日前から
感染可能期間

社員が復帰するタイミング

新型コロナウイルス感染症患者の退院や療養解除の基準は以下の通りです。

  • 有症状の場合:発症日から10日間経過し、かつ、症状軽快後72時間経過するまで
  • 無症状の場合:陽性となった検査を受けた日から7日間経過するまで(注)10日間経過するまではご自身で健康状態の確認やリスクの高い行動は避けるなどの対策が必要

療養解除直後は体力が低下していることも多いため、無理のない範囲で復帰をさせてください。

職場復帰時に陰性証明書を提出する必要はありません。また証明書を目的とした受診はお控えください。

感染拡大を防ぐためにできる対策

患者や濃厚接触者が多く出ますと業務に支障が出ますので、以下の対策を行う必要があります。

  • マスクを着用しましょう
  • 窓やドアを開放して換気しましょう
  • 共用のものに触れたときはアルコール消毒をしましょう
  • のどが痛い、なんとなくだるい、微熱程度の症状でも休ませましょう
  • テレワークで出勤者数を減らし、会議はオンラインで行いましょう
  • 食事は一人で黙々と食べましょう。大勢での食事は控えましょう
  • 喫煙室を同時に利用するには一人だけにしましょう
  • 休憩室・更衣室は定員を設け、密にならないようにしましょう
  • 1日1回以上不特定多数の方が触れたところを消毒しましょう

名古屋市は軽い症状でも休ませることが感染拡大を防ぐために大切なことだとしています。
これからも新型コロナの流行は続いていくと思いますので、熱中症対策をしつつ、感染対策をしていきましょう。

社労士が解決いたします

お問合せ
労務サポートでは 社会保険の手続きだけでなく、
給与計算、人事制度・従業規則、助成金など幅広い相談を受付ております。
開業して15年以上の経験豊富な社労士が応じますので、安心です。
ぜひお問合せください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

13 + eleven =