人材開発支援助成金(人への投資促進コース)を解説

リカレントという言葉をご存じでしょうか。
リカレントは簡単にいえば学び直しのことです。
少子高齢化により、働きながら学ぶことが普通になる時代にくると思います。
今回はリカレント教育(人への投資促進コース)について簡単に説明していきます。

人材開発支援助成金とは?

人材開発支援助成金

労働者が訓練を受けたとき、費用や訓練期間中の給料の一部を助成します。
令和4年~令和6年度まで「人への投資促進コース」が設けられました。
主な目的は従業員の学び直しへの支援、デジタル分野への円滑な労働移動を支援することです。

新設された、人への投資コース

3つのポイント

  1. デジタル人材、高度人材を育成する
    国がもっとも力をいれており、助成率も高いです。
  2. 労働者の自発的な能力の開発を促進する
  3. 柔軟な訓練形態も助成の対象になる

令和2年度からオンライン研修も助成の対象となっております。
1~3の詳細については以下の動画で解説おります。

  • 人材開発支援助成金の詳細を知りたい
  • リカレントに力をいれたい

経営者、企業担当者はぜひご覧ください。

社労士が解決いたします

お問合せ
労務サポートでは 社会保険の手続きだけでなく、
給与計算、人事制度・従業規則、助成金など幅広い相談を受付ております。
開業して15年以上の経験豊富な社労士が応じますので、安心です。
ぜひお問合せください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

7 + 1 =