就業規則・賃金の相談は名古屋市中村区の社労士事務所 労務サポートへ ☎ 052 - 413 - 2272

「働き方改革」の実現に向けて

「働き方改革」の実現に向けて

日本は、現在
「少子高齢化に伴う生産年齢人口の減少」
「育児や介護との両立など、働く方のニーズの多様化」
などの状況に直面しています。

こうした中、投資やイノベーションによる生産性の向上とともに
就業機会の拡大や意欲・能力を存分に発揮できる環境を作る
ことが重要な課題になっています。

「働き方改革」は
この課題の解決のため
働く方の置かれた個々の事情に応じ
多様な働き方を選択できる社会を実現し
働く方一人ひとりが
より良い将来の展望を持てるようにすることを目指しています。

「働き方改革を推進するための法律」が
7月6日に公布されましたが

働き方改革の実現にあたっては
中小企業及び小規模事業者において
働き方改革の趣旨を理解いただき、取り組んでいただくことが不可欠です。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000148322.html

リーフレット『「働き方」が変わります!!』
https://www.mhlw.go.jp/content/000335764.pdf

リーフレット「働き方改革~一億総活躍社会の実現に向けて」
https://www.mhlw.go.jp/content/000335765.pdf


なんでもできるゼネラリストの「正社員」を職場の中核とすることで
戦後の高度経済成長を実現させてきた日本企業の働き方は
この法律の施行によって大きく変化していくことでしょう。

「働き方改革」によって、もたらされる職場の変化のキーワードは
「多様性」「専門性」ではないかと思います。

新規学卒から長期間勤続し
その企業における固有のルールや慣習、人脈に長けた
人材だけが重用されるのではなく

勤続期間が短期間・有期雇用・派遣であっても
定年後再雇用の人材・外国人であっても
高い専門性を持つ人材であれば重用する
という新しい仕組みづくりが
今後の企業には求められると思います。

コメント


認証コード5955

コメントは管理者の承認後に表示されます。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional