就業規則・賃金の相談は名古屋市中村区の社労士事務所 労務サポートへ ☎ 052 - 413 - 2272

36協定の届け出が「はんこレス」に変更

36協定の届け出が「はんこレス」に変更

労働基準法では
1日8時間、週40時間以内を法定労働時間と定めています。

これを超えて
会社が従業員に時間外労働(残業)や休日労働をさせる場合
労使間で36協定を締結し、労働基準監督署に届け出なければなりません。

厚生労働省は
時間外・休日労働に関する協定届「36協定届」の様式を
令和3年4月から新しくして、事業主の押印および署名を不要にします。

また、協定の当事者である労働者代表が
的確に選出されているかについて
チェックボックスへのチェックが新たに必要になりますのでご注意ください。

なお協定届と協定書を兼ねる場合は
引き続き、押印や署名が必要です。

https://www.mhlw.go.jp/content/000708408.pdf

You tube 解説動画
https://youtu.be/hcSXdEYPxbE

コメント


認証コード1613

コメントは管理者の承認後に表示されます。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional