就業規則・賃金の相談は名古屋市中村区の社労士事務所 労務サポートへ ☎ 052 - 413 - 2272

性同一性障害者の通称名の記載について

性同一性障害者の通称名の記載について

厚生労働省は
性同一性障害者の通称名の記載について
今まで取り扱いを明示していませんでしたが
保険者からの問合わせをきっかけに
昨年7月から国民健康保険の保険証で通称名の記載を認めていました。

この度、協会けんぽや健康保険組合、後期高齢者医療の保険証についても
性同一性障害と診断された人が日常で使う「通称名」を
健康保険証の氏名欄に記載することを認めました。

http://wwwhourei.mhlw.go.jp/hourei/doc/tsuchi/T170907S0010.pdf

医療機関の窓口で見た目の性と異なる名前で呼ばれる
精神的苦痛などに配慮したもので
本人や家族から希望があり、保険者が認めた場合に
裏面に戸籍上の氏名を併記し
表面に「通称名」を記載できます。(性同一性障害がある方のみ)

なお、健康保険における保険証の
「通称名」記載の申出及び保険証の交付は
会社を経由しても差し支えありません。

コメント


認証コード3705

コメントは管理者の承認後に表示されます。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional