就業規則・賃金の相談は名古屋市中村区の社労士事務所 労務サポートへ ☎ 052 - 413 - 2272

第1回「働き方改革実現会議」について

第1回「働き方改革実現会議」について

平成28年9月27日に
安倍総理は、第1回「働き方改革実現会議」を開催し
次のように述べました。
今後の人事労務の参考になりますので概要を掲載します。


働き方改革に必要な法律、政策が何か、
そして今年度内に具体的な実行計画を取りまとめた上で、
スピード感をもって国会に関連法案を提出をする考えであります。

『働き方改革』のポイントは、働く方に、
より良い将来の展望を持っていただくことであります。

同一労働同一賃金を実現し、正規と非正規の労働者の格差を埋め、
若者が将来に明るい希望が持てるようにしなければなりません。

中間層が厚みを増し、より多く消費をし、
より多くの方が家族を持てるようにしなければなりません。
そうなれば、日本の出生率は改善していくわけであります。

長時間労働を是正すれば、ワーク・ライフ・バランスが改善し、
女性、高齢者も、仕事に就きやすくなります。
経営者は、どのように働いてもらうかに関心を高め、労働生産性が向上していきます。

働き方改革こそが、労働生産性を改善するための最良の手段であると思います。
働き方改革は、社会問題であるだけでなく、経済問題であります。
我々は労働参加率を上昇させなければなりません。
そして賃金を上昇させなければなりません。

働き方改革のテーマは、
同一労働同一賃金と36(サブロク)協定の在り方だけではありません。
高い問題意識で取り組む必要があります。

ロボットからビッグデータ、AIまで、
デジタル技術の活用が進む中で、働き方も間違いなく変わってきます。

本日の有識者の皆様の御意見も踏まえて、
本会議では、次のようなテーマを取り上げていきたいと考えます。

 1番目 同一労働同一賃金など非正規雇用の処遇改善。
 2番目 賃金引き上げと労働生産性の向上。
 3番目 時間外労働の上限規制の在り方など長時間労働の是正。
 4番目 雇用吸収力の高い産業への転職・再就職支援、人材育成、格差を固定化させない教育の問題。
 5番目 テレワーク、副業・兼業といった柔軟な働き方。
 6番目 働き方に中立的な社会保障制度・税制など女性・若者が活躍しやすい環境整備。
 7番目 高齢者の就業促進。
 8番目 病気の治療、そして子育て・介護と仕事の両立。
 9番目 外国人材の受入れの問題。

コメント


認証コード9014

コメントは管理者の承認後に表示されます。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional