2022年12月以降の雇用調整助成金の特例について

新型コロナウイルス感染症の影響による
雇用調整助成金・緊急雇用安定助成金や
新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金の特例措置について

2022年12月以降は通常の制度とするとともに
業況が厳しい事業主(売上が30%以上減少)については
一定の経過措置(支給要件の緩和、日額上限9千円・助成率9/10)を設けます。

特例は2023年1月末で廃止とし、その後は通常制度のみの運用となります。
ただし緩和している支給要件は継続予定です。

2022年12 月~2023年3月の具体的な助成内容は下記を参照ください。
https://www.mhlw.go.jp/content/11603000/001006066.pdf

社労士が解決いたします

お問合せ
労務サポートでは 社会保険の手続きだけでなく、
給与計算、人事制度・従業規則、助成金など幅広い相談を受付ております。
開業して15年以上の経験豊富な社労士が応じますので、安心です。
ぜひお問合せください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

1 × four =