社会保険の適用拡大について

2022年の10月と2024年10月の2回に分けて
段階的に一部のパート・アルバイトの社会保険の加入が義務化されます。

パート・アルバイトを被用者保険の適用対象とすべき事業所の企業規模要件は
現行の従業員501人以上規模から、今年の10月に従業員101人以上規模、さらに
2024年10月に従業員51人以上規模の企業まで拡大されます。

新たな加入対象者は、以下の条件を満たすパート・アルバイトです。

・週の所定労働時間が20時間以上
・月額賃金が8.8万円以上
・2か月を超える雇用の見込みがある(2か月以内の期間を定めて使用され、
 この定めた期間を超えて使用されることが見込まれる場合も含む)
・学生ではない

https://www.mhlw.go.jp/tekiyoukakudai/index.html

社労士が解決いたします

お問合せ
労務サポートでは 社会保険の手続きだけでなく、
給与計算、人事制度・従業規則、助成金など幅広い相談を受付ております。
開業して15年以上の経験豊富な社労士が応じますので、安心です。
ぜひお問合せください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

twenty + ten =