2022年度の雇用保険料率の予定

労働政策審議会は
雇用保険率引き上げなどを内容とする
改正雇用保険法等の法律案要綱についておおむね妥当と答申しました。

2022年4月1日から9月30日までの保険率は
一般の事業1000分の9.5
農林水産・清酒製造業1000分の11.5
建設業1000分の12.5です。

10月1日から2023年3月31日については
一般の事業1000分の13.5
農林水産・清酒製造業1000分の15.5
建設業1000分の16.5です。

また、基本手当の受給資格者が起業した場合
手当を受けることのできる期間を
原則の1年から最長4年まで延長する特例の新設などの改正も行っています。

改正法案は、2022年通常国会に提出の予定です。

社労士が解決いたします

お問合せ
労務サポートでは 社会保険の手続きだけでなく、
給与計算、人事制度・従業規則、助成金など幅広い相談を受付ております。
開業して15年以上の経験豊富な社労士が応じますので、安心です。
ぜひお問合せください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

eighteen − five =