就業規則・賃金の相談は名古屋市中村区の社労士事務所 労務サポートへ ☎ 052 - 413 - 2272

日・中社会保障協定が発効されます

日・中社会保障協定が発効されます

日本では、国際的な交流の活発化に伴って生じる
年金保険料の二重払いなどの課題に対処するために
社会保障協定の締結を進めています。

7月1日現在、19カ国との協定が発効済みで
さらに、20カ国目の社会保障協定として
「日・中社会保障協定」が9月1日に発効する予定です。

例えば、日本から中国に派遣された方については
派遣開始日(または協定発効日)から5年間は
日本の年金制度のみに加入し
中国の年金制度への加入が免除されます。

中国の年金制度への加入が免除されるためには
あらかじめ日本年金機構等から
「適用証明書」の交付を受ける必要があります。

日本年金機構では
協定発効日の1か月前(令和元年8月1日)から
適用証明書の交付申請を受付けます。

https://www.nenkin.go.jp/service/kaigaikyoju/shaho-kyotei/kunibetsu_info/china.html

コメント


認証コード2985

コメントは管理者の承認後に表示されます。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional