就業規則・賃金の相談は名古屋市中村区の社労士事務所 労務サポートへ ☎ 052 - 413 - 2272

2019年 社長が注目する会社

2019年 社長が注目する会社

学校法人産業能率大学は
経営者を対象に調査結果を
2019年「社長が注目する会社」としてまとめました。

2019年「社長が注目する会社」で
最多得票となったのはソフトバンクグループでした。

昨年末に通信子会社を上場させた同社には
今後“投資”を軸とした他業種との提携や
多方面への事業展開に注目する声が集まりました。

今回初めてトップ10入りしたのは
ユニークなサービスや宣伝が話題を呼び
次の一手に注目が集まるZOZO(5位)

右肩上がりに規模を拡大するEC市場で存在感をみせる
アマゾン・ドット・コム(6位)

外国人の積極採用などを通したグローバル化や
今後の業績の成長に注目が集まるメルカリ(8位)

昨年のノーベル賞受賞で話題となった
がん免疫薬「オプジーボ」を製造販売する
小野薬品工業(10位)の4社でした。

また、本田技研工業(7位)は
新事業の航空機製造に引き続き高い注目が集まり
3年ぶりにトップ10入りしました。

トップ10に入った企業には
新分野への事業展開に対する期待が集まるとともに、
近年話題となっている技術・サービスを提供する企業は
今後どれほどその業績を伸ばせるかに注目する声もあがっています。

http://www.sanno.ac.jp/research/company2019.html

コメント


認証コード4293

コメントは管理者の承認後に表示されます。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional