就業規則・賃金の相談は名古屋市中村区の社労士事務所 労務サポートへ ☎ 052 - 413 - 2272

日本年金機構がマイナンバーによる届出様式を公表

日本年金機構がマイナンバーによる届出様式を公表

日本年金機構は
3月5日から始まるマイナンバーによる届出・申請に先立ち
今後使用する様式をホームページに公表して
使用上の注意などを呼びかけています。

3月5日からは、加入手続も含めて全面的に、
基礎年金番号に代わり個人番号を利用できるようになります。

今回、303種類にわたる届出・申請について
基礎年金番号に代わり原則マイナンバーを記載することになり
企業が提出する適用関係書類は
マイナンバー記載欄以外にも大幅に見直されるため、注意が必要です。

たとえば、健康保険・厚生年金保険の被保険者資格取得届や資格喪失届、
賞与支払届や月額変更届、算定基礎届等が
70歳以上被用者の様式と統合されるほか

健康保険被扶養者(異動)届や国民年金第3号被保険者関係届は
複写様式から単票様式へ変更されます。

なお、各種届書等に従業員のマイナンバーを記入するため
年金機構が住基ネットから
住民票上の住所を取得できるようになるので
被保険者住所の記載を省略できます。

また、マイナンバーと基礎年金番号が紐づいている人については
今後、住所変更届や氏名変更届を省略できます。

●個人番号を記載する届書等一覧(303種類) https://www.nenkin.go.jp/mynumber/kikoumynumber/1224.files/08.pdf

●事業主の届書の様式変更https://www.nenkin.go.jp/oshirase/taisetu/2018/201802/2018022001.files/11.pdf

なお、電子申請・電子媒体の仕様が変更されるため、
3月5日以降、新しいプログラムをダウンロードして届書を作成する必要があります。

また、社会保険労務士が電子申請・電子媒体を提出する場合、
3月5日以降は、4桁の社労士コードに替えて、
全国社会保険労務士会連合会の8桁の社会保険労務士登録番号を設定します。

コメント


認証コード6620

コメントは管理者の承認後に表示されます。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional